HOME COLANY〈コラニー〉

COLANY コラニー

“毎日着けるしあわせ”〜未来の毎日を輝きに変えるブライダルジュエリーブランドとして〜結婚から始まる未来を、喜びとして表現するブライダルジュエリーだから、毎日着ける。これがブライダルジュエリーだけをつくるブランド「COLANY」のコンセプトです。

幸せに関わる責任

〜ものづくりへの妥協なき取り組み〜
ブライダルジュエリーは、ジュエリーというモノである以前に、人の想いであるとCOLANYは考えています。人の想いを、一番輝かせるために、人の想いを、いつまでも伝えるためにしなければならないこと。そこに、私たちの仕事はあり、込められた想いを目に見える形にしていくという、しあわせに関わる責任を担っています。“毎日着けるしあわせ”というコンセプトは、人の想いが、毎日そこに存在することを意味し、リングの着けごこちや輝きは、その想いを守り続けるための手段。だからこそ、ブライダルジュエリーは最高レベルの品質を持たなければならないという考えで、一切の妥協を排し、しあわせに関わるブランドの責任として、本当の品質を追求しています。

生産拠点

ジュエリーの聖地“山梨”でつくること

山梨県はジュエリー国内生産量の1/3を担う場所であり、現在も、1000社を超えるジュエリー関連企業が存在する、いわばジュエリーの聖地。歴史的に、良質な水晶が採取できたことから研磨と貴金属工芸の技術が発達し、その流れから卓越した加工職人が集まるエリアとなりました。
ジュエリーの研磨・彫刻・貴金属加工の各プロセス、そして流通が一貫して揃うエリアは世界でもめずらしく、コラニーのクラフトマンシップも、この環境の中で育まれた希少な存在だと言えます。
高い品質を維持していくために、つねに技術向上に取り組み、切磋琢磨する環境こそ、最高レベルのブライダルジュエリーにとって必要な生産拠点なのです。

COLANYのマニュファクチュアリング システム

究極の対応力と品質管理の実現

しあわせに関わるブランドの責任としてCOLANYが実現したことの一つに、独自のマニュファクチュアリングシステムがあります。
これは、企画開発から、デザイン、製造、販売の全過程を、一貫した社内プロセスにのせ、どの段階においてもCOLANYの品質基準を守り、管理と対応が細部にまで行き届いた生産システムにしたものです。
意外に思われるかもしれませんが、全工程を社内プロセスに置くブランドは少なく、とくにジュエリーの仕上げに関わる“造り”という製造工程などは、社外に設けることもめずらしくありません。COLANYは、そのことから発生する細部への配慮の無さを避け、究極の対応力と品質管理を実現しています。

着けごこちへの挑戦

着けた瞬間、笑顔になるような最高級の着けごこち“brilliance touch”

COLANYが最も大切にしているのがリングの着けごこち。毎日、生涯に渡って着けてほしいから、その着けごこちを「brilliance touch」と名付け、いわば究極の着けごこちとして、仕上がりの基準にしています。
着けごこちの良さは、まず「指通り」ですが、これだけを求めてリングの内側を丸くしただけではリングに安定感がなくグラグラと動いてしまいます。
COLANYのすべてのリングは、指通りに加え、指になじんでくれる「指座り」を実現したもの。仕上げである「磨き」という工程にクラフトマンたちは時間をかけ、納得の着けごこちになるまで磨き続けます。着けた瞬間、笑顔になっていただけるようなその着けごこちも、生涯のしあわせのためにあります。

プラチナ

耐久性を追求して辿りついた

つくりやすさの都合ではなく、本当の耐久性を求めたからこそCOLANYが採用したプラチナ、それが[aura Platinum 950]です。
これは、一般的な素材とされるプラチナ900の1.5倍の硬度をもつプラチナで、通常のプラチナと同じ輝きと照りを出すのに5倍以上の時間がかかる素材であると同時に、硬度が高いために加工が非常に難しいという性質をもつ素材です。
しかし硬度があるプラチナは、通常では壊れてしまうと判断させるような繊細な加工、忠実なデザインの再現、表現が可能となり、ブライダルジュエリーの存在感を高めることができます。つくりやすさの都合ではなく、繊細な表現と本当の耐久性のための選択。これも輝きのための取り組みです。

ダイヤモンド

完成度と安心感を高める厳選されたダイヤモンド

基準以上のダイヤモンド・クオリティを守っていくのはもちろんですが、そのダイヤモンドの輝き方にも細心の注意を払っていくのが、COLANYのダイヤモンドへの取り組みです。
ダイヤモンドは、石を留めるツメの形状や留め方によって輝き方が変わるもの。デザインの段階からツメの形状などを追求し、作りの段階では細部にまでその表現にこだわり、一番ダイヤモンドが輝く仕上げでリングを完成させます。
またメレダイヤモンドにも「FカラーUP」「VSクラスUP」「エクセレントカット」以上のものを使用。プロポーションを揃え、高度なダイヤモンドセッティングの技術を駆使することで、その輝きを最高レベルに保っています。

婚約指輪

高貴な瞬間にふさわしい、大切なエンゲージリングを添えて

エンゲージリングを手に、プロポーズをしてほしいというのがCOLANYのエンゲージリングのコンセプト。生涯の輝きが始まる瞬間に、その高貴さにふさわしいエンゲージリングを添えることで、おふたりのしあわせが動き出します。 永遠の誓い、深い愛情、そして優しさが宿るリングを。 COLANYのエンゲージリングは、その大切な役割を果たすために、花嫁のしあわせを象徴する美しさ、そして輝きを追求しています。

婚約指輪

愛され続ける美しさと、女性らしさを求めて

COLANYのエンゲージリングは、永遠に愛される美しさや輝き、そして女性らしいたたずまいを表現しているのが特徴です。 ダイヤモンドの輝きにこだわり、作りだけではなく、デザインの段階からその輝き方に留意し、エンゲージリングとしての気品ある存在感を表現。 女性らしい柔らかなラインのフォルムや繊細なデザインを、生涯の使用に耐えうる作りで支えながら、おふたりの思いにふさわしいエンゲージリングとしてお届けしています。

結婚指輪

毎日着けるしあわせで、ずっとしあわせに。

多くの人が毎日着けるマリッジリング。それは結婚から始まる毎日に一番近くで寄り添う、 まさに結婚生活そのものを象徴する存在。毎日着けていても飽きの来ないデザインと、おふたりの選んだリングのテーマがずっと残っていくストーリーをコンセプトに、 女性らしさ、そして男性らしさにもこだわり続けています。選んだリングを毎日着けるしあわせがあれば、未来の毎日は、ずっとしあわせ。COLANYは、その思いをマリッジリングに込めています。

結婚指輪

デザインが異なっていても、思いは一緒に

COLANYのマリッジリングは、同じデザインモチーフを取り入れながら、レディースとメンズでデザインが違うのが最大の特徴。 違うデザインであっても、イメージの統一感を図り、ペアであることをつねに大切にしています。 男性にも、積極的にリング選びを楽しんでいただくことを一つのテーマにしていて、そのデザインでは、クールで力強いフォルムを強調。 同じ温度でマリッジリングを選び、同じ思いで将来を過ごしていただくことを、つねに意識しています。

marriage ring

セットリング

しあわせを、重ねて着ける毎日

毎日着けるのはマリッジリング、というのは決まりごとではないはず。エンゲージリングも毎日着けてほしい、 というのがCOLANYの思いであり、たとえ毎日ではなくても、ときにはセットで着ける喜びを感じてブライダルジュエリーをもっと楽しんでほしいというのがセットリングのコンセプトです。そこには、セット感のあるデザイン、毎日着けることにも耐えうるクオリティの追求が存在しており、つねにセットであることを意識した作りのプロセスがあります。

セットリング

3本のリングが織りなす、ひとつの世界

エンゲージリングとレディースマリッジリング、そしてメンズマリッジリングの3本が、 ひとつのテーマでデザインされていることがセットリングの特徴。とくにエンゲージとレディースマリッジは、 重ねて着けることを前提にデザインされており、単体でも、重ねても、おふたりの選択した世界を様々なスタイルで感じ取ることができます。 男性らしいデザインにこだわったメンズマリッジリングの存在も合わせ、3本のリングが、ひとつの物語を紡ぎます。

set ring

/